フィリピン留学バギオ基本情報

フィリピン留学と言えばセブを思い浮かべる人が多いと思います。セブはリゾートビーチと温暖な気候で知られていますが、一方のバギオではセブとは大きく異なります。
バギオは高原であり、その涼しい気候と山の景色で有名で、フィリピンの避暑地としても知られていますので、日本で言う長野県をイメージして頂けるとわけりやすいはずです。セブのイメージが強いフィリピン留学ですが、より長期で真面目に学びたいという留学生の方にバギオが選ばれ徐々に人気が出てきている留学地になります。

The Philippines is known for its resort beaches and warm climate, but Baguio City highly differentiates from this category. Baguio is a plateau and is famous for its cool climate and mountain views, that is why more and more study abroad students choose this city. For many years, the city has been popular for Korean students who come to study English in language schools, and in recent years, the number of Japanese people as well as study abroad students, has been growing.

フィリピン留学バギオの場所・行き方・フライト・空港

バギオはフィリピン北部、ルソン島にある山岳地帯です。セブではなく、日本からはまずマニラ空港を使います。マニラ空港から車で約250km、約6時間ほどかかるため短期留学の方にとっては少々大変なため、少なくとも1ヶ月以上、3ヶ月や6ヶ月などの留学期間の方がバギオではセブと比べとても多くなっています。
バギオは、松の木が多いことから「The City of Pines」として知られています。また、一年中気温が低いため、「The Summer Capital of the Philippines」としても知られています。

残念ながら、日本からバギオへの直行便はなく、まずマニラ空港まで5時間ほどのフライトで向かいます。マニラ空港から各学校の送迎でバギオに移動します。交通状況にもよりますが、バギオに到着するまでに4〜6時間かかるため、なかなか疲れてしまいます。

マニラからバギオへのより詳細の移動方法はこちら=>フィリピンバギオ留学 マニラ空港⇔バギオ間の移動方法/時間

Baguio is a mountainous area located in the northern part of the Philippines, in the island of Luzon. It is approximately 250km away from Manila by car. Baguio is known as “The City of Pines” because of its many pine trees, and is also known as “The Summer Capital of the Philippines” because of its cool temperature all year round.

Unfortunately, there are no direct flights from Japan to Baguio. Direct flights are usually from Japan to Manila which takes around 4.5 to 5 hours. From the airport, study abroad students are usually picked up by bus by their respective schools to go to Baguio. Also, depending on the traffic, it takes around 4-6 hours to reach Baguio.

フィリピン留学バギオの言語

フィリピン留学-言語

バギオに住む人々はフィリピンの多くの地域から来ており、セブと変わらず公用語は英語です。ただし、イロカノ語、タガログ語、カンカナエ語、イバロイ語、イフガオ語などの他の方言も話されています。

People who live in Baguio come from many parts of the Philippines so the official language is English. However, other dialects are also spoken such as Ilocano, Tagalog, Kankanaey, Ibaloi, and Ifugao.

フィリピン留学バギオの気温

フィリピン留学バギオ-気温

バギオは高地にあるため、一年中気温15〜23度の範囲なので、セブとは異なり常夏という訳ではありません。むしろクーラーがなくても涼しく過ごすことができる、非常に過ごしやすい土地となっているため長期留学生の方に好まれています。
雨季は通常5月下旬から10月までであり、乾季は通常11月から3月までです。 11月下旬から1月にかけて、夜間には温度が8〜10度まで下がることがあります。

Baguio is an elevated area, so the temperature all year round ranges from around 15 – 23 degrees Celsius. It only experiences two seasons: the rainy season which is usually from late May to October, and the dry season which is usually from November to March. In late November to January, the temperature may drop to as low as 8 to 10 degrees in the night time, though it does not happen yearly.

フィリピン留学バギオと日本の時差

フィリピン留学バギオ-時差

フィリピンは日本よりわずか1時間遅れているので、フィリピンと日本の時差の心配はほとんど必要ありません。そのため、留学中でも日本の友人や家族と簡単に連絡を取ることができるのは嬉しい点ですね。

The Philippines is just an hour later than Japan, so there isn’t a problem with jet lag. Since there is only an hour difference, a huge body clock adjustment is not necessary. Hence, it is easy to contact friends and family in Japan during your study abroad experience.

フィリピン留学バギオで必要になるビザ

フィリピン留学バギオ-ビザ

フィリピンでは1か月間未満の留学の場合はビザの申請や登録なしで留学ができます。日本でも現地でも特別な手続きは必要ありません。到着時に入国許可またはビザ免除が付与されます。
ただし、30日より長く留学したい場合は、フィリピンの入国管理局で延長申請の必要があります。この延長申請は非常に簡単で、学校スタッフのサポートもありますのでご安心ください。

詳しくはこちらをご確認ください=>フィリピン留学バギオのビザ情報

If you are studying in the Philippines for up to 3 months, you can stay and study without a visa. There are no special procedures required both in Japan and locally. You will just be granted an entry permit or a visa waiver upon arrival. However, if you wish to stay longer than 30 days, you need to apply for an extension at any Immigration Office in the Philippines for another 29 days, and thereafter, every 2 months for up to 16 months in total.

フィリピン留学バギオの物価は高い?

フィリピン留学バギオ-物価
1フィリピンペソ=約2円となっていますので、ペソの価格を約2倍したものが日本円価格となります。
マニラやセブに比べて、バギオの商品価格はとても安いです。たとえば、平均的な昼食は約70〜100ペソで、約200円です。または、ペットボトル水は20〜25ペソ程度で、わずか40〜50円です。勉強するために高い予算を費やす必要がないことも、留学後にも関わらずそのまま住み続けてしまう人が多い要因の1つですね。

1 Yen is equal to .48 Philippine Peso, hence, Yen is approximately double the amount of Peso. Compared to Manila or Cebu, Baguio’s prices of commodities are much cheaper. For example, the average lunch is around 70 to 100 pesos, which is only around 200 yen. Or bottled water is around 20 to 25 pesos, which is only 40 to 50 yen. Living in Baguio is fairly easy and you do not need to be on a high budget to study here.

フィリピン留学バギオのコンセント・電圧・プラグの形は?

フィリピン留学バギオ-コンセント
バギオの電源コンセントの範囲は110Vから220Vですが、ほとんどが220Vで、標準周波数は60Hzです。電源プラグとソケットはタイプA、B、Cであるため、コンセントの形状によりアダプターが必要になる場合がありますが、基本的には学校内ではそのまま変換プラグなしで使用することができます。

Baguio’s power outlets range from 110V to 220V but are mostly 220V and the standard frequency is 60 Hz. The power plugs and sockets are of type A, B and C so you might need an adapter due to the shape of the outlet.

フィリピン留学バギオではチップが必要?

フィリピン留学バギオ-チップ

フィリピンでは他の英語圏と同様に、チップを渡すことは感謝の意を表する方法で一般的です。ファーストフードのレストランや小さな飲食店の場合、チップを渡す必要はありませんが、ホテル、バー、ファミリーレストランにあるレストランの場合、サービスに対する満足度に応じて、もしも良いサービスと感じた際にはチップ(20ペソ-100ペソ)を残してあげてください。

Like most places in the Philippines, giving a tip is a way of saying thank you. There is no fixed amount necessary. Of course, it will also depend on the restaurant or service you are paying for. For fast food restaurants and small eateries, giving a tip is not necessary. But for restaurants located in hotels, bars, and family restaurants, it would be better to leave a tip (20 pesos-100 pesos), depending on how satisfied you are with the service.

フィリピン留学バギオの水道水は飲める?

フィリピン留学バギオ-水道水

フィリピンでは水道水を飲むことはお勧めできません。したがって、バギオにいる場合でも、ペットボトル水を購入することをお勧めします。学校ではウォーターサーバーを設置していることが通常ですので、そちらを利用するようにしてください。

It is not advisable to drink tap water in the Philippines. Therefore, even when in Baguio, it is advisable to buy bottled water. Most restaurants offer service water, but if you have a weak stomach, it is best to order bottled water.

フィリピン留学バギオのタバコ事情は?

フィリピン留学バギオ-タバコ

バギオの喫煙法は過去10年で徐々に厳しくなっています。バギオ市の包括的禁煙条例は、公共交通機関、宿泊施設、娯楽施設、公共の建物やスペース、個人の住居の外の囲まれた地域、適切な場合を除き個人の職場など、都市周辺で厳格な「禁煙」ポリシーを実施しています。
法律は、違反者に500〜2,000ペソの手数料、または1〜6か月以上の懲役刑となっていますので、タバコを吸われる方は必ず喫煙可能な場所なのか確認してから吸うようにしてくださいね。

Smoking laws in Baguio have become stricter in the last decade. The Comprehensive Anti-Smoking Ordinance of Baguio City implements a strict “No Smoking” policy around the city such as in public transportation, accommodation and entertainment establishments, public buildings and spaces, enclosed areas outside one’s private residence and private place of work except in proper smoking rooms.
The law fines violators with a fee from 500 to 2,000 pesos, or even imprisonment of not less than one to six months.

フィリピン留学バギオの税金事情は?

フィリピンでは、すべての購入品の付加価値税(VAT)は12%です。

In the Philippines, Value Added Tax (VAT) on goods on all purchases is 12%.

フィリピン留学バギオ留学無料相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考