フィリピンバギオ留学の3ヶ月間 留学費用内訳・総額

さて、バギオ留学をする際どのくらいの費用がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。今回は3ヶ月留学する場合の費用を見てみましょう。

3ヶ月のバギオ留学をする人はどんな人?

真剣に英語力をつけようとしている方

3ヶ月という期間は決して短くありません。学生の長期休みはおよそ2ヶ月程度ですし、社会人だと転職の合間などでしか予定が空かないのではないでしょうか。また、バギオはセブと違って海に遊びに行ったりという娯楽が少ない分英語の勉強に集中して取り組むことができます。かつ学校はスパルタ。そんなバギオに3ヶ月留学する方は可能な限り英語を上達させるという目的のもと、英語力の習得に貪欲な方が多いです。

3ヶ月のバギオ留学にかかる費用

PINESを例にすると…

PINESはバギオの老舗スパルタ語学学校です。初中級者と上級者で異なるキャンパスが用意されていたり、セブの姉妹校との2都市留学が可能な点が魅力的です。また、自分にあった留学スタイルを構築できるシステムが整っています。

学校に支払う費用

バギオ留学 語学学校の授業料 + 滞在費 (寮) : 39~54万円

フィリピンの語学学校は寮と授業料がセットの値段になっています。部屋の人数が1, 2, 4, 6人かによって、また授業のコースがSparta SpeakingかIntensive Sparta Speakingかによって値段が変わります。Sparta Speakingの6人部屋が一番安く、Intensive Sparta Speakingの1人部屋が一番高いです。ちなみに同じコースで寮の部屋の人数による違いは¥5000/週なのに対し、同じ部屋の条件でのコースによる違いは¥2000/週と、この価格の違いには部屋の人数の方が効いていることがわかります。6人部屋とはいえ全員分の机付きのベッドがあるため、スペースの心配などは不要です。この辺りは予算との兼ね合いになるかと思います。

ビザ関連費用 : 3.4万円

フィリピンのビザ事情は少し複雑なので、詳しいことはこちらをご覧ください。一般のビザの延長(約¥16,000)に加え、勉強に必要な学生ビザのようなSSPの発行(約¥12,000)、60日以上の滞在に必要なACR-Iカードの申請(約¥6,000)が必要になります。また、申請の際に数百円程度の手数料がかかります。

電気・水道代 : 1.2万円

1週間あたり2000ペソ(約¥4,000)必要です。

その他学校に支払う費用 : 約3万

入学金¥15,000と空港への出迎え¥5,000、教材費の¥8,000がかかります。

学校以外でかかる費用

日本〜バギオ往復交通費 : 4〜7万円

バギオに行くには直行便でマニラまで行ってからバスで5〜6時間の旅をせねばなりません。日本⇔マニラの航空券は4〜7万円程度で手に入れることができ、空港からのバスは学校の出迎え以外だと数百ペソ(1ペソ約2円)です。帰りは自分でバスに乗る必要があります。

バギオ留学海外保険 : 3〜5万円

旅行に行くときはクレジットカードの付帯保険でいいや〜という方もいるかもしれませんが、3ヶ月≒90日は保険期間ギリギリなことと、長い期間の留学生活中に何かあった場合後から入ることはできないので、必ず事前に入っておくようにしましょう。

おこづかい : 12〜20万円程度

ここが一番人によって変化の大きいところです。バギオ観光やフィリピン観光を全力でしたい方はそれなりに必要かもしれません。ただ、滞在先が寮で平日は三食つくこと、授業がスパルタなこと、基本的には日本より物価が安いことを踏まえると月に4万円程度あれば安心だと思います。

最後に

以上の金額をまとめてみましょう。

授業料+滞在費 39〜54万円
ビザ関連費用 3.4万円
電気・水道代 1.2万円
入学金・教材費・送迎代 3万円
日本からの往復交通費 4〜7万円
海外保険 3〜5万円
おこづかい 12〜20万円
合計 65〜95万円

このように、3ヶ月の留学に必要な金額はおよそ65〜95万円となりました。他の留学先と違って長期割引などがないため割高に見えますが、おこづかいを減らし6人部屋にするだけで15万円程度は安くなります。寮生活で食事が基本付き、大部屋でも一人当たりのスペースが確保されているのがバギオ留学の特徴だと思います。本気で英語力を伸ばそうと考えている方は是非ご検討ください。

フィリピンバギオ留学無料相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考