フィリピン留学体験記:Kioさん(3ヶ月)

自己紹介

はじめまして!南山大学3年のKioと申します。現在フィリピンのセブ島にある ZEN ENGLISH という語学学校に留学に来ています。
フィリピン留学を考えている方の参考に少しでもなればいいなと思い、これから少しの間ブログを書かせていただきます😊!

まずは簡単に自己紹介。

★大学:南山大学 外国語学部 アジア学科 東アジア専攻
★趣味:食べること、歌うこと、いろんな言語の音楽を聴くこと
★特技:文化箏(よく知られている箏の半分くらい!かわいいサイズです👦🏻)

(上の写真はフィリピンのカオハガン島に行った時に、タイ人のお友達が撮ってくれました~~😉)

大学3年の秋学期から1年間休学し、フィリピンには3ヶ月間滞在予定です。今後のブログではフィリピン留学の魅力、私の通っているZEN ENGLISHの魅力をたくさん発信できたらな~と思います!長文を書くことが苦手なので至らない点もでてくると思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

これからどうぞ宜しくお願い致します。

ZEN Englishの学校・授業・講師・留学生の特徴

こんにちは!Kioです😊今回のブログでは、私の通っているZEN ENGLISHという語学学校にについて書いていこうと思います。

ZEN ENGLISHの施設

まずはZEN ENGLISHの施設をぱぱっと紹介。

こちらは生徒が集うラウンジ。毎日朝・昼・夜三食提供されるので、時間になるとだんだん人が集まってきます。

50分授業の合間の10分休憩の時にも、ここに戻ってきてお喋りしたりお菓子を食べたり☕️23時まで解放されているので、夜ここで勉強している人もちらほら。

そしてダイニングルームにはなんと、、、

ミニカフェスペースがあるんです…🥺!

メニューはご覧の通り。ホットコーヒーは50ペソ(約100円)で飲めちゃいます☕️b
専属のバリスタがいるので味も本格的だそう。代金は卒業の時に支払えばいいので、お財布を持ってなくても楽に買えちゃいます。

さてお次は、マンツーマン授業の教室。

外から見るとちょっと牢屋感が漂っていますが


扉を開けるとこんな感じです。(タピオカが写ってます😌放課後よく近くのタピオカ屋で買って来て、ここで飲みながら勉強するのです✌️)

授業終了後は自習室として利用することができます。

広い自習室もあります。

ここは私語禁止なので、集中してがっつり勉強したい時は広い自習室、声を出して発音の練習をしたい時はマンツーマン授業の教室、と使い分けています。

そしてなんと学校のすぐ隣に生徒の泊まるホテルがあるので、ホテルのエントランスから学校まで10歩!

私は8時からマンツーマン授業があるのですが、7時55分にホテルの部屋を出て、ラウンジでささっと朝ご飯を食べてからそのまま教室に向かいます。それでも間に合ってしまうです。😌

ZEN ENGLISHの先生、生徒

定員が30人と少規模なので、先生と生徒の距離も近くみんな仲良し。アットホームな学校です👫

フィリピン人の先生とスタッフの他に、イギリス人の先生が1人、日本人マネージャーとインターン、タイ人、中国人、台湾人、ベトナム人のインターンもいます。

以前は日本人生徒100%の学校だったのですが、1年ほど前から多国籍化を目指し他国の生徒を多くとっているようです。

時期にもよりますが、現在はインターン含め
日本人40%、台湾人30%、中国人15%、その他ベトナム人・タイ人など…
という国籍比率。

私がZEN ENGLISHを選んだ決め手はこれです。
セブにはたくさん日本人経営の語学学校がありますが、日本人だけの学校だと日本語で話してしまいがち(なかには日本語禁止校もあります)。せっかく海外に来ているのにもったいないです、、!

真面目留学

ZEN ENGLISHのホームページには
真面目留学
と、どどん!と書かれています。

そう、ZEN ENGLISHのキャッチコピーは「真面目留学」。

フィリピンには魅力的な観光スポットがたくさんあります。有名なセブ島だけではなくボラカイ島、ボホール島、他にもホワイトビーチのある島がたくさん…
広大な自然と綺麗な海を楽しめるのが、フィリピン留学の良いところでもあります。毎週のように海に出かけたり違う島へ行ったり…🏖

でもそれで勉強が疎かになったら元も子もありません、、!!

ZEN ENGLISHはなんといっても真面目留学。週末も出かけずに学校で勉強したり、カフェにこもって勉強したりする生徒さんをよく見かけます。

まじめに勉強したいけど、周りに流されて遊んでしまうかも、、

という方には、ZEN ENGLISHを強くおすすめします😊

今回のブログでは、私の通っているZEN ENGLISHについて紹介させていただきました。ZEN ENGLISHについてもっと知りたい!と思った方は是非ホームページをご覧ください~~!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

フィリピンでの生活(滞在・食事・休日)について

こんにちは、Kioです。今回は私のとある休日の1日を書きたいと思います。行き先はSM seaside City Cebu、海の近くにある大型ショッピングモールです。

セブ島には巨大ショッピングモールがたくさんありますが、SM seaside Cityはその中でも最大級のモール。映画館、スケートリンクなどなどとにかくここに来たらなんでもできちゃいます。

私の通っている語学学校から少し距離があるので、Grab(アプリ)でホテルからタクシーで向かいます。220ペソ(約450円)。こっちのタクシーとっても安いのです🥺

この日はちょうどフィリピンの祝日(日本のお盆のような日)だったので、外も賑わっている様子。30分ほどで到着!

でもなんだか様子がおかしい。
人がいない。入り口が開いてない。

……となんとなんとこの日は12時開店😭

ショッピングモールは通常10時に開店なのですが、先ほど述べたように今日はフィリピンの祝日。臨時営業ということなのです。張り切って10時前に来たので2時間以上も待たなきゃいけなくなりました。その時に撮った写真がこちら。

タイ人のお友達アイちゃんです。学校でもいつも一緒👭そんなこんなで自撮りとガールズトークであっという間に2時間過ぎちゃいました。女の子ってすごい。

さて、私たちが一番最初に向かったのは

Chatime!

セブではとっても有名なタピオカチェーン店。日本でも関東には進出してるみたいです。

ご覧の通りタピオカが入っていません。注文の時何か質問されたのですが、適当にYesと言ったらタピオカが抜かれました。悲しい。

アイちゃんはこっちのドリンク店。Thirsty?ココナッツジュースやマンゴージュースなど、新鮮なフルーツジュースが飲めます。フィリピン人なら誰もが知ってるチェーン店。アイちゃんはココナッツジュースをオーダー🥥

こちらはアイちゃんがユニクロで試着してる間に撮った写真。ユニクロの壁の一部が全面ガラスになっていて、綺麗な海が見えました🏖

お昼はタイ料理~~🇹🇭

それから夕方までずっとお買い物。フィリピンの物価はとっても安いです。大抵のものは日本より安く購入できます。1日中いてもきっと全て見きれないSM seaside City。本当に巨大なんです。半分迷子になりながら、お目当ての物を探し回りました。

モールからはバスが出ているので、帰りはバスに乗ってホテルの近くまで行き、そこからタクシーに乗って帰宅🚕。こうして私の休日はおしまい。アイちゃんありがとう~~😊♡

フィリピン・セブでの英語学習環境について

こんにちは、タピオカ屋でブログを書きながら今まさに2杯目を注文しようとしているKioです。


(写真はカオハガン島に行った時の📸)

今回はフィリピン・セブ島での英語学習環境について書きたいと思います。日本にいる時、友達に「今度フィリピンに留学するんだ〜」と話すと
何でフィリピン…?
フィリピンって何語?
治安は大丈夫?

だいたいこんな反応が返ってきました。

でも私はフィリピン留学を自信を持ってオススメしたい!!!
このブログを読み終わった頃にはあなたもフィリピン留学に行きたくなっているはずです😉

セブの人達は英語、タガログ語、セブアノ語が話せる!

フィリピンの国語はタガログ語、公用語は英語とタガログ語です。そしてセブアノ語というのは、セブ島とその近辺に住む人々が母語として話す言語。つまり、学校に行って教育を受けたセブの人達は皆3つの言語を喋れるのです!

実際に買い物をする時もタクシーに乗るときも、英語でほぼ100%大丈夫です。実際少しフィリピン訛りは感じることもありますが、聞き取れないというはないです。それにフィリピン人の話す英語は、ネイティブのように単語と単語が繋がっていないのでとっても聞き取りやすい。英語学習初心者には非常に最適な環境だと思います。

マンツーマン授業でスピーキング力があがる!

フィリピンの語学学校の魅力は、なんと言ってもマンツーマン授業!先生と生徒一対一でずっと喋り続けるのです。私はフィリピンに来る前まで赤ちゃんレベルのスピーキング力でしたが、1ヶ月経った今ではだいぶ話せるようになりました。

英語留学で主流のアメリカ、カナダ、オーストラリアではグループ授業が一般的。でもグループ授業でなかなか発言できない、、という話をよく耳にします。それに対してフィリピンでは、マンツーマン授業を1日50分×4〜6コマ+グループ授業というのが一般的(学校によります)なので、断然話す機会が多いのです。

学費がとにかく安い!

マンツーマン授業って高いんじゃないの…?と思われるかもしれません。

フィリピン留学と欧米留学を同じ期間で比較すると、フィリピン留学にかかる費用は欧米留学にかかる費用の1/2から1/3だと言われています。もちろん学校によって異なるので一概には言えませんが、航空券代も生活費も授業料も欧米圏に比べて本当に安いのです。それに私の学校含むフィリピンのほとんどの語学学校は、1日3食提供、洗濯掃除サービス込みです!

まとめ

でもフィリピン留学にはそれ以上の魅力がたくさん!特に、英語初心者の方、スピーキング力を短期間で伸ばしたい方、学費を抑えたい方にはもってこいです!!

このブログを読んでフィリピン留学に少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです😊

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1ヶ月経過したフィリピン留学の感想

こんにちは、Kioです。


(もうすっかりクリスマスモードのフィリピンです。)

フィリピンでの留学生活1ヶ月が過ぎました。こっちにきてから時間が過ぎるのが本当に早い…1ヶ月が1週間ほどに感じます。

だけど1日1日がとっても濃くて。毎日たくさんのことを吸収して、日々成長しているのを感じます。

実はつい先日、セブ留学の後に3ヶ月間、台湾の外資系ゲストハウスでインターンをすることが決定しました!選考の過程で初めてスカイプで英語面接を受けたのですが、英語で面接ができた自分に感動。(笑)

1ヶ月前の赤ちゃんレベルの英語力だった私には到底考えられませんでした👶 それもこれもセブ留学のおかげ!しかし成長と同時に焦りも感じます。
私に残された留学生活はあと2ヶ月。台湾のゲストハウス内では英語での業務になります。あと2ヶ月どこまで英語を伸ばせるかは自分次第。

がんばるぞ~~…!