フィリピン留学バギオの2カ国留学

フィリピン2カ国留学

ここ数年で2カ国留学という形で留学をする人数がとても増えています。今までは普通どこかの国、1カ国に留学するという形でしたが、それが変わってきているんです。2カ国留学とはそもそもどんな留学の仕方なのか、どんなメリット、デメリットがあるのか確認して留学計画を立てていきましょう。

フィリピン2カ国留学

2カ国留学とは

2カ国留学とは、フィリピンの留学に加え、もう1カ国留学をするということです。たとえば6ヶ月留学に行くとすれば、2ヶ月をフィリピン、4ヶ月をイギリスという形です。2カ国留学は年々増えているのですが、なぜなのでしょうか?

2カ国留学の2つのメリット

1.留学費用を抑えることができる

一番は留学費用を低く抑えることができるという点です。2カ国行っているのになんで安くなるの?と思う方もいるかもしれないですが、そこがフィリピンの良いところ。フィリピンは1ヶ月あたり相場として5万円ほど他の英語圏よりも留学費用が低い国です。そのため、1年間留学するにしても、フィリピン期間が長ければ長くなるほど、合計の留学費用は低くなっていきます。

それではどれほど安くなるのでしょうか。学校、コースによってももちろん異なりますが、一般的な相場としては主要留学国1ヶ月の学校費は10万円ほどです。そしてホームステイも月10万円ほどですので、滞在月数×20万円が学校、滞在にかかる費用と考えるとわかりやすいです。
一方、フィリピンでは学校と寮が同じ施設にまとまっており、生活をしながらそのまま英語の授業を受けるというシステムですので、費用は低く抑えることができます。相場は授業費と滞在費の合計が月15万円ほどですので、主要留学国よりも月に5万円ほども低くなっています。2ヶ月をフィリピンにするのなら5万円×2ヶ月=10万円が節約できるということですね。

留学は何かとお金がかかるため、留学期間の一部をネイティブではないけれど英語を集中して学ぶことができるアジアで過ごすことにより全体の費用を小さくしていくことができるのがメリットですね。

2.マンツーマンで英語漬け

英語主要国、アメリカ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの英語ネイティブの国の語学学校は基本的にグループ授業となっており、授業時間は週20時間が平均となっています。
フィリピンではネイティブではない代わりにマンツーマンであり、授業時間も長いです。週40時間など、英語圏の倍以上も授業を受けることができるコースも多いです。

マンツーマンであり、授業時間も長いことにより英語にたくさん浴び、スタートダッシュのようなイメージで英語を学び、ネイティブの国に行く事前準備をしっかりとすることができます。

Monica’s Baguioでの2カ国留学

Monica’s Baguioでは2カ国留学のニーズに応えて、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、マルタ、ニュージーランド、オーストラリアなど主要全英語圏での2カ国留学対応を可能にしています。2カ国留学割引なども適用させて頂いておりますので、さらに費用を抑えて留学が可能になるはずです。

フィリピン留学バギオ留学無料相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考