フィリピンバギオ留学に興味があれば、この1つの食べ方の体験はおすすめ

フィリピンの1つの食べ方はどんな感じでしょうか?

この写真は「boodle fight」と呼ばれます。フィリピンでは、手だけで食べる食文化があります。フィリピンの文化では、これは食事の軍事的慣習に由来しています。実際のフィリピンの軍事慣行では、軍人はこのブードゥルの戦いの周りに立って肩を並べて一緒に食事をします。これは「カマヤン」とも呼ばれ、「手で食べる」という意味です。

This picture is called “boodle fight”. In the Philippines, we have an eating culture to eat with only our hands. In Filipino culture, this comes from a military practice of eating. In real Philippine military practice, military men stand around this boodle fight shoulder to shoulder and eat together. This is also called “kamayan” which means “eat with hands.”

上の写真でわかるように、食べ物はバナナの葉の上に置かれ、このように並んでいます。真ん中にご飯があり、魚のグリル、イカ、ナスなどの魚介類が混じっています。麺の外側は熟したマンゴーに囲まれています。

As you can see in the picture above, the food is placed on top of banana leaves and lined up like this. There is rice in the middle, mixed with seafood on the side such as grilled fish, squid and eggplant as well. The outer part of the boodle is surrounded by ripe mango.

もちろん、他の種類の食べ物は、麺の戦いのために調理されます。シーフードだけでなく、肉や他の野菜の時もあります。

Of course, other kinds of food are cooked for boodle fights. Not only seafood, but also meat and other vegetables.

私が最後に手で食べたことを覚えているのは、高校生のときにビーチで家族旅行をしていたときでした。しばらく前のことなので、この体験をもう一度やりたいと思います!

The last time I remember eating with my hands was when I was on a family trip in a beach when I was in high school. It’s been a long time, so I would want to try this experience again!

留学生はバギオだけでなく、フィリピンのどの場所でもこの経験をすることをお勧めします。手で食べることは汚いように思えるかもしれませんが、友人との間に一種の絆が生まれるでしょう。

I recommend that study abroad students try this experience not only in Baguio, but anywhere in the Philippines. Eating with hands might seem dirty, but it’s a kind of bond you can have with friends.

 

フィリピンバギオ留学無料相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考