フィリピンバギオ留学〜バギオで最もおいしかった料理〜

本日もバギオ留学について書いていきたいと思います。

今回ご紹介するのは、私がバギオに滞在していたときに最も美味だったフィリピンの料理についてご紹介したいと思います。

■シシグ
豚の頬肉や耳を唐辛子や玉ねぎで炒めたフィリピン料理です。豚の耳を食べるということはそもそも日本ではできないのですが、この触感がたまりません。カラマンシーをかけて食べるとビールのおつまみとしても最高のお供です。

■シニガン
フィリピンの伝統的スープです。野菜や豚など、様々な具材がはいっている栄養満点のスープになります。味は少し酸味がきいているのですが、暑いフィリピンにはぴったりの味です。また、ご飯ともあう料理で、お腹がすいたときによく食べられるフィリピンの郷土料理です。

■ローカルチキン
フィリピンの路上ではチキンが丸ごと1匹売られています。最初にフィリピンにきたときは、少し焦りましたがこのチキンがものすごく美味でした。休みの日は毎回のように食べるようになっていたのですが、なんといってもチキンがパサパサしておらず、とてもやわらかい触感で、醤油をつけて食べると絶品です。

いかがでしたでしょうか。ぜひ、みなさんもバギオにいった際は上記の3つの料理を召し上がってみてください。

[mwform_formkey key=”6″]