フィリピンバギオ留学〜バギオに向かない人〜

本日もバギオの留学を検討している方に向けて記事を書いていきたいと思います。

留学する際に国を検討した後、留学都市を決定しなければいけませんね。年によって、休日の過ごし方や勉強の仕方も少し異なってきます。

バギオは徐々に有名になってきましたが、今回はバギオに向かない人はどういう人かについて書いていきたいと思います。

■交流やアクティビティーメイン
英語の向上よりも思い出づくりや人との交流をメインにする場合は、セブやマニラなどにいったほうがいいでしょう。バギオはいい意味でも悪い意味でも周りに遊ぶところはほかの都市よりは少なめです。もっと交流を深めていきたいというところを望むのであれば少し物足りなくなるかもしれません。バギオにくる生徒達も、スパルタ式の学校を選んでいるからこそ、真面目な方が多いです。本気で英語力を伸ばしていきたい場合、バギオはすごくおすすめです。

■平日構わず遊びたい
バギオの多くの語学学校は平日外出禁止を設定しています。外出禁止は私も経験しましたが、目標が明確でない限り結構厳しいです。常に同じ寮で何日間も過ごす必要がるというのは、同じ景色を永遠と見続けるような感じがして、退屈するようになる人もいます。しかし、英語力を本気で向上したい場合は、onとoffの切り替えることもできれば、自分を律することができるので非常に良い環境です。

いかがでしたでしょうか。自分がどんな留学スタイルにあっているのかをしっかりと見定める必要がありますね!

[mwform_formkey key=”6″]