フィリピンバギオ留学〜バギオで最大限に英語力を上げる方法〜

本日は、バギオ留学をしている方、これからバギオ留学を検討している方に向けて、いかにして効率よくバギオという環境で勉強してくのかについて書いていきたいと思います。

どの環境でも正直、英語力に関しては伸びます。しかし、その環境に合ったやり方でないと、英語力だけに限らず、どのようなスキルも伸びないです。

バギオには英語力を伸ばすためにはなにがあり、なにがなく、そしてそれをどう使って英語力向上につなげていくのかを書いていきたいと思います。

■English Only Policy のある学校を選択
バギオにも様々な語学学校が存在しますが、スパルタ学校の基準を予め理解しておき、自分の性格に合わせて英語力向上につながるようしっかりと選択する必要があります。私は、スパルタでない学校、スパルタな学校両方に通学していた経験があるので、この観点から本質的に英語力につながる環境を書いていきたいと思います。まず、私が語学学校のシステムの中であって良かったと思うものは、English Only Policyです。学校の施設内にいる限り、日本人同士でも英語を話し続ける必要があります。もし、母国語を話してしまうと、ガードマンから注意がかかり、3回以上に指摘されると、休日にも勉強しなければいけないというとても厳しいルールが存在します。私はスパルタでない学校にも通っていましたが、日本人同士でも日本語を話さないようにしても、初心者からするとそれがストレスになってしまい、結局は日本語を話すことになってしまいます。なので、学校全体でこのような厳しいルールがおかげで全員が英語で話すようになり、英語への恐れというのがすぐに無くなります。

■休日は英語を実践できる環境で外国人の友達をつくる
スパルタ学校では、平日外出禁止とするところが多いです。なので、休日には英語学習から休みたいところではありますが、ここでどう追い込めるかです。もちろん、平日はEnglish Only Policy で常に英語を使う環境は非常に大変で、休日は落ち着くように日本語が話せるように、日本人と出かける人がほとんどだと思います。ただ、この休日の時間を使って、例えばキャンプジョン・ヘイなどの外国人がたくさん集まる場所にいくことで、フィリピン人の先生とだけでなく、様々なネイティブたちとも話すことができます。彼らと友達になることによって、英語を話す機会を自ら創り上げていきましょう。

■上級者レベルに上がる
多くのスパルタ学校では、レベル別に分けられています。そこで、使う教材や先生も変わってきます。クラス内容もディスカッションやプレゼンテーションなど、徐々にやる内容が高度になってきます。私も最終的には上級者レベルまでたどり着いたのですが、生徒の英語力はまったく異なります。ネイティブがいない代わりにできるだけレベルの高い人達と英語を勉強できるように、常にレベルををあげていくよう努力していく必要があります。定期的にレベルチェックが学校にはあるはずなので、このテストで毎回点数をとれるように勉強していきましょう。

いかがでしたでしょうか。留学いっただけで英語力が伸びるということはありません。大事なことは、英語力をあげるうえで必要な環境を選択し、その環境を最大限に使うことが重要です。

フィリピンバギオ留学無料相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考